【問題56】「当座預金」と「当座借越」と「当座」の違い

問題

当店の事務所で使用する備品を240,000円で購入し、代金は小切手を振り出して支払った。なお、当座預金の残高は200,000円であるが、借越限度額500,000円の当座借越契約を結んでいる(当座借越は二勘定制により処理する)。

解答

借方金額貸方金額
備品240,000当座預金200,000
当座借越40,000

解説

当座預金口座の開設時に、当座借越契約を結んでおくと、当座預金の残高を超える金額の小切手を振り出すことができます。

例えば、この問題のように、当座預金の残高が200,000円しかない場合、本来、小切手を振り出せるのは200,000円までです。

しかし、借越限度額500,000円の当座借越契約を結んでおくと、700,000円(200,000円+500,000円)の小切手を振り出すことができます。

なお、当座預金の残高が200,000円しかないにもかかわらず、700,000円の小切手を振り出せるということは、差額である当座借越500,000円は銀行からの借金を意味します。

借金は、将来、返済しなければならないものです。したがって、当座借越は「負債」に該当します。

当座借越の処理方法には、当座預金(資産)と当座借越(負債)という2つの勘定科目を使って仕訳する二勘定制と、当座(資産・負債)という1つの勘定科目を使って仕訳する一勘定制があります。

この問題は、指示により、二勘定制により仕訳します。

240,000円の備品を購入したが、当座預金残高は200,000円しかなく、当座借越契約を結んでいるため、差額の40,000円は当座借越で仕訳します。

ちなみに、この問題が一勘定制の場合の仕訳は、下記のとおりになります。

借方金額貸方金額
備品240,000当座240,000

上記のとおり、一勘定制では、貸方を、当座預金200,000円と当座借越40,000円を合わせて、当座240,000円として仕訳します。

合わせて読まれています