【問題52】現金過不足は、現金の実際有高と帳簿残高のどちらを修正するの?

問題

月末の金庫を実査したところ、紙幣100,000円と硬貨20,000円が保管されていたが、現金の帳簿残高は116,000円であった。不一致の原因が判明するまでの間、現金過不足勘定で処理することにした。

解答

借方金額貸方金額
現金4,000現金過不足4,000

解説

現金過不足とは、現金の、実際有高と帳簿(仕訳帳・総勘定元帳など)残高が異なり、かつ、その原因がわからない場合、原因を調べている間に一時的に用いる勘定科目です。

この問題では、現金の実際有高120,000円(100,000円+20,000円)より帳簿残額116,000円のほうが4,000円少ないため、現金4,000円を増やす仕訳をし、帳簿残額を実際有高に合わせます(実際有高は修正できないため、必ず、帳簿残額を修正する仕訳をし、帳簿残額を実際有高に合わせます)。

したがって、借方は現金4,000円になります。

そして、不一致の原因がわからないため、貸方は現金過不足4,000円になります。

この仕訳により、原因はわからないが、とりあえず、現金の実際有高と帳簿残額だけ一致させておきます。

その後、原因が判明した日に、現金過不足を適切な勘定科目に振り替えます。

例えば、不一致の原因が、「売掛金4,000円を現金で回収した際の仕訳をしなかった事によるもの」だと判明した場合、下記の仕訳をします。

借方金額貸方金額
現金過不足4,000売掛金4,000

上記の仕訳により、現金過不足を売掛金に振り替え、現金過不足の残高はゼロになりました。

これで、不一致の問題は解決しました。

なお、期末になっても原因がわからず、現金過不足が残ったままの場合もあります。

現金過不足の期末の処理方法については、[問題26]にまとめてありますので、よろしければご覧下さい。

合わせて読まれています