【問題50】未収収益と未収入金(未収金)の違い

問題

建物の貸し付けを行っている当店は、平成☓1年12月分の家賃70,000円を受け取っていないまま、平成☓1年12月31日の期末を迎えた。この家賃は翌年1月に受け取る予定である。なお、当期は平成☓1年1月1日〜平成☓1年12月31日である。

解答

借方金額貸方金額
未収家賃70,000受取家賃70,000

解説

(注)解答の借方は、「未収家賃」に代え「未収収益」でも正解です。

期末時点では、まだ12月分(当期分)の家賃70,000円を受け取っていないため、受取家賃(収益)が計上されていません。

このままでは、当期に建物を貸し付けたにも関わらず、受取家賃(収益)がゼロということになってしまいます。

そのため、期末の決算整理において、12月分の受取家賃(収益)を計上することになります。

したがって、貸方が受取家賃70,000円になります。

その際、「先に建物を貸し付けた分だけ、後で(翌期に)お金を受け取る権利」を未収家賃(または未収収益)で表します。

したがって、借方が未収家賃(または未収収益)70,000円になります。

このように、期末の決算整理において、当期分の収益を計上する仕訳を「収益の見越し」といい、未収家賃(または未収収益)を「経過勘定項目」といいます(経過勘定項目という名称は覚える必要ありません)。

なお、翌期には、当期末に見越し計上した家賃を受け取ることが予定されているため、翌期首において、下記のように、当期末の「収益の見越し」の逆仕訳(再振替仕訳)を行い、翌期に受け取る家賃のうち当期に受取家賃に計上した分を減少させるとともに、「先に建物を貸し付けた分だけ、後で(翌期に)お金を受け取る権利」である未収家賃(または未収収益)を減少させます。

借方金額貸方金額
受取家賃70,000未収家賃70,000

その後、翌期における当期12月分の家賃受け取り時に、下記の仕訳(仕訳①)が行われます。

借方金額貸方金額
現金等70,000受取家賃70,000

上記(再振替仕訳)の借方の受取家賃70,000円と、(仕訳①)の貸方の受取家賃70,000円は、相殺され、翌期においては、当期12月分の受取家賃は計上されないこととなります(当期12月分の受取家賃は既に当期に計上済みのため、再振替仕訳により、翌期に再び当期12月分の受取家賃を計上するのを防ぎます)。

ちなみに、「未収収益」と名称が似ている勘定科目に、「未収入金(または未収金)」があります。

「未収収益」とは、上記のとおり、当期の収益をまだ受け取っていない場合(当期の受取家賃・受取地代などの[収益]を、翌期に受け取る場合など)に用いる勘定科目です。

「未収入金(または未収金)」とは、商品売買以外の取引から生じた代金の未収分(建物・有価証券・消耗品などの[資産]を売却し、代金は後日受け取る場合など)に用いる勘定科目です。

したがって、「未収収益」と「未収入金(または未収金)」は、取り扱いが異なりますのでご注意下さい。

合わせて読まれています

電卓の打ち間違いによる計算ミスを防ぐ、最強の方法

[問題3]事業用と私用の固定資産税を支払った場合(資本金の代わりに引出金を用いる理由)

[問題22]翌期分の支払保険料(費用)を繰り延べる場合(前払費用と前払金の違い)

[問題26]現金過不足を、期末に、雑益または雑損に振り替える場合

[問題29]翌期分の受取家賃(収益)を繰り延べる場合(前受収益と前受金の違い)

[問題34]当期分の支払保険料(費用)を見越し計上する場合(未払費用と未払金の違い)

[問題54]株式を売却し、手数料を差し引いた残額が入金された場合

[問題57]商品を販売し、代金を郵便為替証書と他人振出小切手と送金小切手で受け取った場合

[簿記3級]問題一覧