【問題31】保有株式について、配当金領収証を受け取った場合

問題

3年前から保有している品川株式会社の株式について、配当金領収証8,000円が送られてきた。したがって、本日、適切な処理を行う。

解答

借方金額貸方金額
現金8,000受取配当金8,000

解説

配当金領収書証を受け取った場合、借方は「現金」、貸方は「受取配当金」で仕訳します。

株式を購入すると、年に1~2回、配当金をもらえる場合があります。

例えば、私が、品川株式会社の株式を購入したとします。

この時点で、私は、品川株式会社の株主です。

そして、品川株式会社がお金を稼いだ(利益を出した)場合、品川株式会社は、稼いだお金(利益)の一部を、株主である私に分配してくれます。

これが、配当金です。

配当金領収証とは、配当金を受け取るための引換券です。

配当金領収証は、銀行や郵便局などに持参すると、直ちにお金(現金)と交換してもらえるため、簿記では「現金」として取り扱います。

したがって、借方は「現金」になります。

(注)配当金領収証の名称について、配当金領収書ではなく配当金領収証です。「書」ではなく「証」ですのでご注意下さい。

合わせて読まれています

電卓の打ち間違いによる計算ミスを防ぐ、最強の方法

[問題21]土地の貸付けに係る地代の受取り仕訳を誤った場合

[問題29]翌期分の受取家賃(収益)を繰り延べる場合

[問題35]利払期日が到来した公社債の利札について、利払日の処理をする場合

[問題41]インターネットで商品を販売し、代金は送金小切手で受け取った場合

[問題46]固定資産(備品)を期首に売却(直接法により記帳)し、代金は郵便為替証書で受け取った場合

[問題50]当期分の受取家賃(収益)を見越し計上する場合

[問題54]株式を売却し、手数料を差し引いた残額が入金された場合

[簿記3級]問題一覧

【過去問を繰り返し解くべき理由】

簿記の検定試験や税理士試験( 簿記論・財務諸表論 )では、過去に出題された問題( 過去の試験問題 )が繰り返し出題される傾向にあります。

重要な論点だからこそ、繰り返し出題されています。

したがって、合格を目指されている方は、過去の試験問題を繰り返し解くことをおすすめします。