【問題26】現金過不足を、期末に、雑益または雑損に振り替える理由

問題

先月末、現金の帳簿残高より実際有高ほうが12,000円少なかったため現金過不足で処理した。そして本日、期末を迎え、原因をあらためて調査した結果、支払い済みの通信費10,000円が記入もれであることが判明した。なお、残りの金額は原因が不明のため適切な処理を行う。

解答

借方金額貸方金額
通信費10,000現金過不足12,000
雑損2,000

解説

この問題の前提として、先月末に、下記の仕訳をしています。

借方金額貸方金額
現金過不足12,000現金12,000

現金過不足とは、現金の、帳簿(仕訳帳・総勘定元帳など)残高と実際有高が異なり、かつ、その原因がわからない場合、原因を調べている間に一時的に用いる勘定科目です。

帳簿残高より実際有高のほうが12,000円少ないため、先月末に、上記の現金12,000円を減らす仕訳をし、帳簿残高を実際有高に合わせています。(実際有高は修正できないため、必ず、帳簿残高を修正する仕訳をし、帳簿残高を実際有高に合わせます)。

この仕訳により、原因はわからないが、とりあえず、現金の帳簿残高と実際有高だけ一致させておきます。

そして、この問題の期末において、現金過不足で処理していた12,000円のうち、原因が判明した通信費の記入もれは通信費に振り替え、判明しなかった分は雑損(借方差額の場合)または雑益(貸方差額の場合)に振り替えます。

この問題では、借方が通信費10,000円、貸方が現金過不足12,000円で、借方のほうが2,000円少ない借方差額のため、借方に雑損2,000円を計上します。

雑損(費用)は、原因はわからないが、なくなってしまったお金がある場合に用いる勘定科目です。

この問題では、期末になっても、帳簿残高より実際有高のほうが2,000円少ない原因がわからないため、仕方がないので雑損で仕訳しよう、という考え方です。

ちなみに、雑益(収益)は、原因はわからないが、増えたお金ある場合に用いる勘定科目です。

なお、現金過不足は、原因を調べている間に一時的に用いる勘定科目であり、資産・負債・純資産・収益・費用のいずれにも該当しません。

したがって、現金過不足は、貸借対照表にも損益計算書にも計上することができません。

そのため、期末になっても原因がわからない分は、仕方がないので、雑損(費用)または雑益(収益)に振り替え、損益計算書に計上します。

合わせて読まれています

[簿記]短期合格目指す、資格スクール(入会金・年会費)比較

[簿記]電卓の打ち間違いによる計算ミスを防ぐ、最強の方法

[問題3]事業用と私用の固定資産税を支払った場合(資本金の代わりに引出金を用いる理由)

[問題8]電話代を支払った際、勘定科目を誤った場合

[問題22]翌期分の支払保険料(費用)を繰り延べる場合(前払費用と前払金の違い)

[問題29]翌期分の受取家賃(収益)を繰り延べる場合(前受収益と前受金の違い)

[問題34]当期分の支払保険料(費用)を見越し計上する場合(未払費用と未払金の違い)

[問題50]当期分の受取家賃(収益)を見越し計上する場合(未収収益と未収入金の違い)

[問題52]現金の実際有高と帳簿残高が一致していないときの、一時的な処理をする場合

[簿記]仕訳問題一覧

【過去問を繰り返し解くべき理由】

簿記の検定試験や税理士試験( 簿記論・財務諸表論 )では、過去に出題された問題( 過去の試験問題 )が繰り返し出題される傾向にあります。

重要な論点だからこそ、繰り返し出題されています。

したがって、合格を目指されている方は、過去の試験問題を繰り返し解くことをおすすめします。
【簿記の知識を仕事に活かす方法】

お仕事(経理職)に就くと、必ず行うことになるのが、会計ソフトを使った仕訳入力や預金・売掛金・買掛金などの管理です。

したがって、簿記の知識をお仕事に活かしたいと考えている方は、簿記の勉強と並行して、会計ソフト(freee やよいの青色申告オンライン など)を使いこなせるようにしておくことをおすすめします。