【問題18】「手形借入金」と「借入金」の違い

問題

資金が不足したため、取引のある銀行から900,000円を借り入れ、同額の約束手形を振り出し、利息40,000円を差し引かれた残額が普通預金口座に振り込まれた。

解答

借方金額貸方金額
普通預金860,000手形借入金900,000
支払利息40,000

解説

金銭の借り入れは、通常、借用証書(お金を借りたことを証明する書類)に必要事項を記載して行い、「借入金」で仕訳します。

しかし、借用証書に代えて、借り入れ金額を記載した約束手形を振り出す(お金の貸し手に渡す)場合があります。この場合、借用証書による借り入れと区別するため、「手形借入金」で仕訳します。

手形借入金は、問題文で、「約束手形を担保に、金銭を借り入れた」や「金銭を借り入れ、担保として約束手形を振り出した」などと表現される場合もあります。

なお、利息は「支払利息」で、残額は「普通預金」で仕訳します。

借用証書による金銭の貸し借りの詳細については、[問題53]にまとめてありますので、よろしければご覧下さい。

合わせて読まれています
【過去問を繰り返し解くべき理由】

簿記の検定試験や税理士試験( 簿記論・財務諸表論 )では、過去に出題された問題( 過去の試験問題 )が繰り返し出題される傾向にあります。

重要な論点だからこそ、繰り返し出題されています。

したがって、合格を目指されている方は、過去の試験問題を繰り返し解くことをおすすめします。