【問題13】分記法と三分法の違い

問題

先月末に1,000円で仕入れた商品を、本日、1,500円で販売し、代金は普通預金口座に入金された。なお、当店は、商品売買取引の仕訳方法に分記法を採用している。

解答

借方金額貸方金額
普通預金1,500商品1,000
商品販売益500

解説

解答の貸方は、「商品販売益」に代え「商品売買益」でも正解です。

この問題の前提として、先月末の商品仕入れ時に、下記の仕訳が行われています。商品売買取引の仕訳方法に分記法を採用しているため、借方は「商品」になります。

借方金額貸方金額
商品1,000現金等1,000

そして、この問題では、1,000円で仕入れた商品を1,500円で販売しているため、貸方は「商品」と「商品販売益(または商品売買益)」になります。

なお、「商品」の金額は売上原価1,000円、「商品販売益(または商品売買益)」の金額は儲け500円(売価1,500円−売上原価1,000円)になります。

ちなみに、この問題が分記法ではなく三分法の場合、前提として、先月末の商品仕入れ時に、下記の仕訳が行われます。三分法の場合、借方は「仕入」になります。

借方金額貸方金額
仕入1,000現金等1,000

そして、商品販売時に、下記の仕訳が行われます。三分法の場合、貸方は「売上」になります。

借方金額貸方金額
普通預金1,500売上1,500

合わせて読まれています
【過去問を繰り返し解くべき理由】

簿記の検定試験や税理士試験( 簿記論・財務諸表論 )では、過去に出題された問題( 過去の試験問題 )が繰り返し出題される傾向にあります。

重要な論点だからこそ、繰り返し出題されています。

したがって、合格を目指されている方は、過去の試験問題を繰り返し解くことをおすすめします。
【簿記の知識を仕事に活かす方法】

お仕事(経理職)に就くと、必ず行うことになるのが、会計ソフトを使った仕訳入力や預金・売掛金・買掛金などの管理です。

したがって、簿記の知識をお仕事に活かしたいと考えている方は、簿記の勉強と並行して、会計ソフト(freee やよいの青色申告オンライン など)を使いこなせるようにしておくことをおすすめします。